[PR] マスターリーグオンラインが登場!ウイイレ2011発売中!

スポンサーサイト

あとで読む

一定期間更新がないため広告を表示しています

ゲームブログ - - -

4年目の挑戦

あとで読む

フィジカルを強化しなくては

プロ4年目。ぼくは20歳になった。

アストン・ビラと年俸113%アップの1,190ポイントで契約更改した。

オフ期間中にフィジコ(フィジカルコーチ)と相談して、今シーズンの強化目標をたてた。

ぼくはこれまで、どちらかといえばタクニカルな練習ばかりで、フィジカルトレーニングを怠っていた。しかし、フィジコはこう言う。

「オマエ、ヘタクソネ。ソノウエ、ハッパミタイニカルイネ。ナンニモデキナイヨー。」

そう。フィジコから見て今のぼくの技術的な水準は低く、当たりが弱いのでテクニック面も期待できないんだそうだ。
せめて当たり強ければ何とかなるのだが、今のぼくのボディバランスを数値にすると、せいぜい74程度らしい。

これを、シーズン序盤のうちに75まで引き上げられるかどうかで今シーズンの結果が変わってくると言う。

「メシモチャントクエヨー。」

ひとまず、フィジカル強化を目標にしてみよう。

この頃の能力値

項目 昨年 現在 項目 昨年 現在
オフェンス 75 77 シュート精度 73 76
ディフェンス 54 56 シュート力 70 71
ボディバランス 72 74 シュートテクニック 69 72
スタミナ 82 84 フリーキック精度 59 62
トップスピード 81 82 カーブ 57 60
加速力 71 72 ヘディング 70 72
レスポンス 66 68 ジャンプ 70 72
敏しょう性 74 74 テクニック 66 66
ドリブル精度 67 70 攻撃性 83 83
ドリブルスピード 77 79 メンタリティ 74 74
ショートパス精度 66 69 連携 65 67
ショートパススピード 66 68 コンディション 4 4
ロングパス精度 63 66 逆足精度 4 4
ロングパススピード 68 69 逆足頻度 4 4

この頃の強化メニュー

キック系テクニック
ドリブル系テクニック
バランス       ■■■■■■
パワー        ■■■
スピード       ■■■
スタミナ

ゲームブログ 4年目の日記 comments(0) trackbacks(0)

翼くんもビックリのハイボレーで鮮烈アピール

あとで読む

今のビラは、フォワードの層が厚い。

監督のファーストチョイスは、アンリのようだ。
左ウイングに入る彼を活かすことが残り2枚のフォワードの役割になる。

セカンドチョイスはカリュー。
ぼくは今、ヘスキーと共にサードチョイスのフォワードなんだと思う。ぼくはその位置づけが気に入らない。

あとの連中は問題外。
いる意味がないレベル。

第3節のボルトン戦で先発出場したぼくは、右からの折り返しを豪快に叩きこんだ。

豪快ボレー

「キーパーがボーッとしていたんだろう」なんて言うアンチもいるけど断じて違う。
この写真を見ればわかる。シュートがすごくて、キーパーも足がすくんでいたんだろう。

今季は開幕から3試合で2ゴール。
ぼくはアンリの引き立て役なんかじゃない。監督には今度言う。

ゲームブログ 4年目の日記 comments(0) trackbacks(0)

ヨーロッパの強豪としのぎを削っている

あとで読む

UEFAチャンピオンズリーグで、現在グループ2位につけている。同じグループには、イタリアの強豪インテルがいる。

去年、ぼくはストーク・シティの一員としてACミランに惨敗している。今年こそイタリア勢に勝って、本大会に駒を進めたい。

インテル戦の開始早々、カンビアッソ入道にこぼれ球を押し込まれて先制点を許してしまった。
たぶん、うちのチームにバウマが2人いたことがディフェンスの混乱を招いてしまったのではないか?

あとね、

やめてやめて

この人、すっごいシャツ引っ張るよ!
こんな調子で何度もすっころがされたけど、前半ロスタイム。

チップキックだ!

フライスルーに抜群のタイミングで抜け出して、キーパーの上をチョコンと浮かしてゴール。きっちり借りは返した。

UEFAチャンピオンズリーグ、ここまで3戦すべてドロー。
実力が拮抗しているグループで、絶対に勝ち抜けたい。

ゲームブログ 4年目の日記 comments(5) trackbacks(0)

練習グラウンドにて

あとで読む

グラウンドにてフィジコとの会話

フィジコの言うとおり、ぼくはシーズン序盤でボディバランスを重点的に鍛えてきた。
目標値に達したので、フィジコ(フィジカルコーチ)に相談。
すると、フィジコ。

「オマエ、ダッシュリョクナイネ。」

なるほど。
フィジコが言うには、ぼくのダッシュ力を数値にすると、73くらいにしかならないらしい。
これを、シーズン中盤までに75まで引き上げられるかどうかで今シーズンの結果が変わってくると言う。

「アト、キックヘタスギルヨー。」

なるほど。
スピードに乗ってプレイしても精度が落ちないように、しばらくキック系テクニックとスピードを上げるメニューを組んでみよう。

この頃の強化メニュー

キック系テクニック  ■■■■■■
ドリブル系テクニック
バランス
パワー
スピード       ■■■■■■
スタミナ

ゲームブログ 4年目の日記 comments(0) trackbacks(0)

勝ち点1差に泣く

あとで読む

UEFAチャンピオンズリーググループリーグ。
ぼくたちアストン・ビラの挑戦は、グループリーグ3位という結果に終わってしまった。

カーン戦では3点に絡んだ

フランスのSMカーン戦は、3-0で圧勝した。
ぼくは1得点したほかにも3点すべてに絡む活躍を見せた。

インテル戦では貴重な先制点を挙げた

グループリーグ突破がかかったインテル戦では、アンリのスルーパスに抜けると、冷静にゴールに蹴り込んで先制点を挙げた。

イタリアの強豪と互角以上に戦ったが、あと10分のところでイブラヒモビッチの同点弾を浴びてグループリーグ敗退が決まった。

2位アトレティコ・マドリーとの勝ち点差わずかに1。
直接対決で引き分けたのが痛かった。

ゲームブログ 4年目の日記 comments(0) trackbacks(0)
 1/4PAGES  >>
Profile
12年目のぼく
現所属
マジョルカ
背番号
10
国籍
日本
年齢
28歳(12年目)
身長
170cm
体重
62kg
ポジション
ST・CF・OMF
利き足
憧れ
クライフ、ベルカンプ
クラブ経歴
19-   マジョルカ
18-19 レアル・マドリー
16-18 ACミラン
15-16 リヨン
13-15 マンチェスター・U
12-13 エバートン
10-12 アストン・ビラ
08-10 ストーク・シティ
プレイ環境について
難易度
プロフェッショナル
試合時間
10min
移籍頻度
ふつう
オートムーブ
OFF
カメラ視点
プレイヤー
BECOME A LEGEND?

ビカム・ア・レジェンドとは、オリジナル選手を作成し、プロデビューから引退までをプレイする一人称モード。
Winning eleven 2009のゲームモードの一つ。
当ブログでは、一切リセットを行わずにゲームを進行しています。

※このブログのゲーム画面は、こちらのエディット版オプションファイルを使ってユニフォーム等のデータを最適化しています。
同ファイルを使う場合は、注意事項をよく確認して下さい。

Recommend