[PR] マスターリーグオンラインが登場!ウイイレ2011発売中!

スポンサーサイト

あとで読む

一定期間更新がないため広告を表示しています

ゲームブログ - - -

12年目、情熱的なオファーにマジョルカ行きを決める

あとで読む

天才建築家ガウディ作のカテドラルはマジョルカ島の象徴

プロ12年目。ぼくは28歳になった。
移籍先の候補であるマジョルカのSDに、ホームタウンの環境を知ってほしいと言われ、マジョルカ島の案内をしてもらった。
景観の美しさはもちろん、ガウディのカテドラルには言い知れぬ感動を覚えた。

日も暮れて、たいそう豪華な地中海料理のお店に連れて行ってもらい、薄明かりの店内でこう口説かれたんだ。

「カテドラルの塔のようなクラブの象徴になってほしい。一度も手にしたことのないリーガタイトルの夢を君に託したい」

彼はそう言うと、運ばれてきたオードブルの蓋を開けた。
すると、銀のトレイの上には、ぼくの名前が入ったナンバー10のシャツがあった。

惚れた。(〃▽〃)

この演出に、ぼくはマジョルカ移籍を決めた。

かねてからマドリーと親交が深いマジョルカへの移籍は障害も少なく、マドリーの口利きで、住む場所の手配も滞りなく済んだ。
契約書にサインをするのに時間はかからなかった。

もうユニフォームで記者会見に臨みたいくらいだった

マジョルカは今、かなり困難な状況にある。開幕までに補強があるとはいえ、在籍する選手はわずかに15名。
戦術は1トップで、2列目のオフェンシブハーフとしてぼくを起用する構想だ。
チームのすべてをぼくに委ね、心中する覚悟だと言ってくれた。

昨季頂点に上り詰めたリーガで、今季は最下位から挑戦する。

この頃の能力値

項目 昨年 現在 項目 昨年 現在
オフェンス 92 94 シュート精度 94 95
ディフェンス 70 70 シュート力 77 77
ボディバランス 87 87 シュートテクニック 90 92
スタミナ 85 85 フリーキック精度 80 82
トップスピード 90 90 カーブ 78 80
加速力 81 82 ヘディング 82 82
レスポンス 73 74 ジャンプ 82 82
敏しょう性 74 74 テクニック 84 85
ドリブル精度 82 84 攻撃性 83 83
ドリブルスピード 89 90 メンタリティ 74 74
ショートパス精度 87 89 連携 80 80
ショートパススピード 80 81 コンディション 4 4
ロングパス精度 85 86 逆足精度 4 4
ロングパススピード 74 75 逆足頻度 4 4

習得している特殊スキル

  • ドリブラー
  • ストライカー
  • センタープレイヤー
  • 1vs1シュート
  • ドリブルキープ
  • PKキッカー
  • ポストプレイヤー

この頃の強化メニュー

キック系テクニック  ■■■■■■
ドリブル系テクニック ■■■■■■
バランス
パワー
スピード
スタミナ

ゲームブログ 12年目の日記 comments(6) trackbacks(0)

リーガ震撼!マジック・マジョルカの快進撃

あとで読む

マジック・マジョルカの素晴らしい快進撃!

マジョルカは開幕から全勝で、今季リーガの台風の目となっている。下馬評ではダントツ最下位のチームが、開幕6連勝で首位に躍り出たのだからスペインのみならず、一躍世界中のメディアの脚光を浴びた。

"マジョルカ、マラガを寄せ付けず圧勝!"
"ヒホン相手にならず!ビートル劇場のマジョルカが勝利!"
"マジョルカ!ラ・コルーニャ、ヌマンシア、ラシンを続けて撃破!"
"ビジャレアルもマジック・マジョルカの前に沈む!"

開幕戦こそ途中出場だったが、マジョルカデビュー戦で各誌がぼくに8.5の評価をつけた。
第2節からは左腕にチームカラーをあしらったキャプテンマークを着けてスタメン出場を果たしている。

ぼく個人としても幸先の良いスタートを切ることができた

6試合で7ゴール3アシストしているぼくの活躍ばかりが取りざたされるが、マジョルカはチームとして素晴らしい。
これは突出したタレントによるマジックではなく、チーム全体が共通の戦術意識をもって、勝つべくして勝っているのが事実だ。

リーガのトップチームとだって互角に渡り合えるはずだ

レアル・マドリーや、バルセロナとも互角に戦えるとぼくらは確信している。

ゲームブログ 12年目の日記 comments(2) trackbacks(0)

古巣レアル・マドリーを撃破

あとで読む

古巣相手ならばなお負けるわけにはいかない

昨年所属していたレアル・マドリーの聖地サンチャゴ・ベルナベウに乗り込んでの第7節。

ベルナベウに詰めかけた観衆は、マドリーの勝利を確信しつつも、好調マジョルカとの好ゲームに期待が高まっている。そんな雰囲気の中、キックオフの笛は鳴った。

しかし、観衆の期待とは裏腹に先制したのはマジョルカ。

全員でもぎ取った先制点

前半22分、コーナーキックのこぼれ球にドランスが詰めて、強豪マドリーからゴールを奪った。
それも束の間、負けじとセットプレーからすぐさまマドリーがゴールし、1-1の同点で前半は折り返し。

後半に入ると、徐々にぼくらマジョルカが主導権を握り始める。
ボランチに入ったマリオ(スアーレス)の次々とボールを奪取する活躍は目を見張る素晴らしいものだった。

何度も前線を伺うぼくらの攻撃に、たまらず足をかけてしまったマドリーのレンドリッチが退場すると、一気にマジョルカのペースで試合は動いた。

このファウルで得たPKをぼくが決めると、80分にはぼくからのスルーパスに抜け出したデンベレが決めて1-3で昨年王者マドリーを圧倒した。

ダメ押しの3点目をデンベレがキッチリと決めてくれた

マドリーは良いサッカーをしていた。しかし、ぼくらの方が一枚上手だった。
この勝利で、マジョルカの強さを疑うものは誰もいなくなった。

ゲームブログ 12年目の日記 comments(0) trackbacks(0)

バルセロナとの首位争いに快勝

あとで読む

第9節の相手は勝ち点で並ぶバルセロナ。ともに単独首位に立つには、直接対決で勝利するしかない。

バルセロナのホーム、カンプノウに乗り込んだぼくたちは、スタジアムの空気にも臆する事無く自分たちのプレーを披露した。世界最高峰のチームを相手にぼくらマジョルカは一歩も引かない堂々たる試合を展開した。

ガッチガチに厳しい中盤のチェック

バルサの攻撃は、一度リズムに乗せると厄介なことになる。
ぼくらはそのことを十分に理解していた。中盤のポゼッション争いが試合の焦点になった。

一瞬のスキから、バルサの左サイドを深くえぐったドランスの折り返しをバラハが頭で合わせてマジョルカ先制。
イニエスタから決定機を何度も作ったバルサは、マジョルカ守備陣の好プレーに阻まれて1点が遠かったか。

バルサの猛攻を凌いだ後のカウンターで、ぼくは前線のデンベレにスルーパスを送ると、そのまま前に走った。
"ボールがこぼれてくるかもしれない"と猛ダッシュで詰めたぼくの目の前に、デンベレのシュートが弾かれたボールが引き寄せられるように飛んで来た。

走り込んだ先には、ガラ空きのゴールとボールが

空っぽになったゴールにこれを決めて0-2とした。

試合はそのまま終了し、アウェーでのバルサとの首位争いを制することができた。

バルササポーターは、敵チームであっても良いプレーには拍手と声援を送ってくれる。
もちろんバルセロナは飛び抜けて良いチームだが、サポーターも他に類を見ないくらい素晴らしい。
そのバルサに勝てたことは、大きな自信になった。

ゲームブログ 12年目の日記 comments(0) trackbacks(0)

無敗のマジョルカ、開幕から13連勝

あとで読む

開幕から無敗で連勝街道まっしぐら

マドリー、バルサとトップチームを次々に下したマジョルカは、開幕からここまで無敗のまま、ついに13連勝という記録を立てた。

ぼくは、ベティス戦で1ゴール、ビルバオ戦で1ゴール、ウエルバ戦で2ゴール、オサスナ戦で2ゴールし、チームの勝利に大きく貢献できていると思う。

特にオサスナ戦では、自身初となるフリーキックでのゴールを決めることができて嬉しい。

オサスナ戦では、はじめてフリーキックからゴールを決めた

マジョルカに来るまで、一度もPK以外のプレースキッカーをやったことがなく、試合ではまだ2、3回しか蹴ったことがなかったから喜びも一層深い。

ここからが本当に厳しくなってくるが、『マジョルカに初のリーガタイトルを』と皆一様に燃えている。いけるぞ!

ゲームブログ 12年目の日記 comments(2) trackbacks(0)
 1/3PAGES  >>
Profile
12年目のぼく
現所属
マジョルカ
背番号
10
国籍
日本
年齢
28歳(12年目)
身長
170cm
体重
62kg
ポジション
ST・CF・OMF
利き足
憧れ
クライフ、ベルカンプ
クラブ経歴
19-   マジョルカ
18-19 レアル・マドリー
16-18 ACミラン
15-16 リヨン
13-15 マンチェスター・U
12-13 エバートン
10-12 アストン・ビラ
08-10 ストーク・シティ
プレイ環境について
難易度
プロフェッショナル
試合時間
10min
移籍頻度
ふつう
オートムーブ
OFF
カメラ視点
プレイヤー
BECOME A LEGEND?

ビカム・ア・レジェンドとは、オリジナル選手を作成し、プロデビューから引退までをプレイする一人称モード。
Winning eleven 2009のゲームモードの一つ。
当ブログでは、一切リセットを行わずにゲームを進行しています。

※このブログのゲーム画面は、こちらのエディット版オプションファイルを使ってユニフォーム等のデータを最適化しています。
同ファイルを使う場合は、注意事項をよく確認して下さい。

Recommend