[PR] マスターリーグオンラインが登場!ウイイレ2011発売中!

スポンサーサイト

あとで読む

一定期間更新がないため広告を表示しています

ゲームブログ - - -

2年目はフォワードの軸として

あとで読む

今シーズンは結果を出したい

プロ2年目。ぼくは18歳になった。

夏の市場で、ぼくのところに数件のオファーが届いた。

冬にもオファーを出してきたボルトンをはじめ、サンダーランド、マンチェスター・シティ、ウェストハム、ポーツマス、ミドルスブラ...。
でも、ぼくは動かない。ストーク・シティと契約を更改することにした。

ストークとの新契約で、ぼくの年俸は460ポイントになった。
当たり前だが、自分が評価された結果として給料が上がるのは嬉しい。

昨シーズン、ぼくはフォワードとして一番多くの試合に出場した。
2得点という結果は寂しい数字だけど、ぼくがこのチームにおいてファーストチョイスのフォーワードであることは間違いない。と、思う。

今シーズンは多くの結果を残したい。
じゃないと恥ずかしい。

この頃の強化メニュー

キック系テクニック  ■■■
ドリブル系テクニック ■■■■■
バランス       ■
パワー        ■
スピード       ■■
スタミナ

ゲームブログ 2年目の日記 comments(0) trackbacks(0)

ストーク・シティの快進撃

あとで読む

あきらかに、ぼくは変わった。

ドリブル、パス、シュート、あたり強さのどれもが以前と違う。
多少厳しい位置関係でも、チームメイトがパスを送ってくれるようにもなった。

ぼくのプレーにも、どんどん幅が出てきた。
今、間違いなくぼくはストーク・シティの攻撃陣をリードしている。

それに呼応するようにチームも連勝している。
ストーク・シティは、去年とは比べ物にならないくらい強い。

ぼくの得点が増えてきた

ぼくの得点も少しずつ増えてきた。
このぶんなら、今シーズンはプレミアのビッグ4とも互角以上にやれる。

ゲームブログ 2年目の日記 comments(0) trackbacks(0)

ストーク・シティの躍進止まらず

あとで読む

強豪リバプールに勝利

シーズン中盤でリヴァプール、アーセナルと強豪を立て続けに撃破。ストークの強さは本物だ。
リヴァプール戦では、コーナーキックから頭で合わせて貴重な決勝点も挙げた。

マンチェスター・ユナイテッドには負けてしまったけど、失点はテベスに決められたPKだけだった。
ゲームの内容では、アウェーのぼくらのほうがマンUを圧倒したと思う。
得点こそなかったが、ぼくも前線から激しいチェックを繰り返して、ヴィディッチの足元から何度もボールをかすめ取り、ビッグチャンスを作った。

ぼくのところに来る取材陣の数も飛躍的に増えた。
今シーズンのチームの好調を象徴しているからだろう。

取材にくるマスコミも増えた

ストーク・シティは現在プレミアリーグ4位。

チームの躍進には、司令塔フェランの活躍によるところも大きい。
彼は現在、6アシストでアシストランキングのトップに位置している。

ぼくも今後はラストパスの精度をもっと上げていきたい。
そうすれば、このチームはもっと強くなるはずだ。

ゲームブログ 2年目の日記 comments(0) trackbacks(0)

ゴール!ゴール!ゴール!ゴール!

あとで読む

ゴール!

ぼくは点取り屋に変貌した。

昨シーズン2得点しか記録していなかったぼくが、今シーズンは二桁を狙える勢いでゴールを重ねている。
シュートがしっかりと枠をとらえることが多くなったのだ。

ここ4試合は連続で得点を決めている。
1試合に2得点したサンダーランド戦、ハル・シティ戦では、ともにあと一歩でハットトリックが狙えたが、勝利を確信したのだろう、監督はぼくをベンチに下げた。

ゴール!ゴール!

ゴール!ゴール!ゴール!

ゴール!ゴール!ゴール!ゴール!

チーム内で一番ゴールを挙げているぼくは、今やエースストライカーとして活躍している。
でも、世間的にはまだぼくをストライカーとしては見てくれていないようだった。

どうやらストライカーとして認められるには、5試合連続ゴールくらいしないとダメらしい。

だけど、ぼくはストライカーになりたいのだろうか?
バティストゥータのように?ロナウドのように?

ちょっと違うなぁ。

ゲームブログ 2年目の日記 comments(0) trackbacks(0)

出場停止がないと休みがない

あとで読む

今シーズン、ここまでぼくはカップ戦を含めたすべての試合に出場している。
どんなに調子が悪くても、どんなに疲労が溜まっていても、監督はぼくを起用し続ける。

このところ、正直しんどい。
溜まりに溜まった披露が抜けず、試合でも良いパフォーマンスができないことが多い。
休みがほしい。

信頼されているのは嬉しいけど、監督、ぼくは今ボロ雑巾のようだよ。
そう思いながらスライディングをしたぼくの頭上には黄色いカードが掲げられた。

これで次節は出場停止だ。

ゲームブログ 2年目の日記 comments(0) trackbacks(0)
 1/2PAGES  >>
Profile
12年目のぼく
現所属
マジョルカ
背番号
10
国籍
日本
年齢
28歳(12年目)
身長
170cm
体重
62kg
ポジション
ST・CF・OMF
利き足
憧れ
クライフ、ベルカンプ
クラブ経歴
19-   マジョルカ
18-19 レアル・マドリー
16-18 ACミラン
15-16 リヨン
13-15 マンチェスター・U
12-13 エバートン
10-12 アストン・ビラ
08-10 ストーク・シティ
プレイ環境について
難易度
プロフェッショナル
試合時間
10min
移籍頻度
ふつう
オートムーブ
OFF
カメラ視点
プレイヤー
BECOME A LEGEND?

ビカム・ア・レジェンドとは、オリジナル選手を作成し、プロデビューから引退までをプレイする一人称モード。
Winning eleven 2009のゲームモードの一つ。
当ブログでは、一切リセットを行わずにゲームを進行しています。

※このブログのゲーム画面は、こちらのエディット版オプションファイルを使ってユニフォーム等のデータを最適化しています。
同ファイルを使う場合は、注意事項をよく確認して下さい。

Recommend